Home > 未分類 > キッチンセミナー「プランニングのポイント」参加報告1/6

キッチンセミナー「プランニングのポイント」参加報告1/6

写真は中澤建築工房の仕事です。3mm厚の1枚のステンレス板を曲げて、曲げて立体化してつくりました。
曲げるのも掃除の手が入りやすくするために半径10mmの曲面がついてます。
カウンターの4辺が全て立ち上がっていますので、水じまいが良いです。
STUDIO KAZ 和田浩一氏のキッチンセミナー第1回目の報告です。
テーマは「キッチンプランニングのポイント」です。
(私の私見なども混ざってます。自分が理解したことしか伝わらないことも多々あると思います。)

1.キッチンという言葉は2つの意味の使われ方をされている。
  家具(モノ)としてのキッチン  と  空間としてのキッチン  である。
2.空間としてのキッチンという視点。
  キッチンは使いやすいだけでなく、美しくて、雰囲気をつくっていることが必要ではないか。
  キッチンに立つ時間より、他からキッチンを見る時間のほうが長いので、見せ方をしっかり考える。
  使わないときの存在感を考える。
  家族の生活シーンをつくるキッチン。と表現されていました。
  生活のシーンということの具体例では、
  例えば、お母さんが調理しているのがカッコよくみえるキッチン。
 (キッチンがカッコいいというより、そこで行為する人間がカッコよくみえるのが良い。これができれば、
  こどもが私もお母さんのようにキッチンでやってみたいと自然に思えるかもしれません。
  このことはキッチンに限らず、例えば、書斎でお父さんがカッコよくみえるように。とか、
  トレーニングルームで大人がカッコよく見えるようにとか、いろいろ応用できますね。)
3.家族には特徴があるので、その特徴をつかむと方向性が決まる。
4.キッチンデザインは食生活をデザインすること。
  その家族は食生活をどうとらえているか?
  食事にからむ家族のコミュニケーションのデザインをすることになる。
5.いまどき多いオープンキッチンの弱点。
  キッチンが家の中心にあってあまりにオープンだと、いつもキッチンのなかで生活しているような感じになるけど?
  調理の音がTVや会話をさまたげる。
  調理臭が部屋にひろがる。(IHのほうが上昇気流がないぶんガス火力より臭いが広がりやすいそうだ。)
  煙が排気しきれない。
  それでもオープンキッチンを望むなら、キッチンらしくないキッチンにするという手もある。
  具体的には、吊り棚と冷蔵庫とレンジフードの納め方の影響が大きいので工夫する。
6.使う人の創意工夫ができる余地を残す。あまり細かく使い方を規定しない。例えば引き出しの中は仕切らずに
  そのままにして使用者に任すなど。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://nacazawa.com/blog/2011/07/07/%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%8c%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%8d%e5%8f%82/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
キッチンセミナー「プランニングのポイント」参加報告1/6 from 中澤建築工房中澤光啓のblog

Home > 未分類 > キッチンセミナー「プランニングのポイント」参加報告1/6

Search
Feeds
Meta

Return to page top